医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>退職者医療制度とは?

PR



カテゴリー






















退職者医療制度とは?
広告



退職者医療制度とは、お勤めの会社などを退職して
年金を受給できる人とその被扶養者など一定の条件を満たした人が
加入できる公的医療制度です。


条件を満たす人は
退職者医療制度に加入しないといけません。


強制的に加入させられる感じの
退職者医療制度ですが


国民健康保険に加入していない人は
退職者医療制度に加入をする必要がありません。


退職者医療制度は、国民健康保険の制度ですけれど
特殊な職業にお勤めの場合は健康保険などから


これまでに支払っていた保険のお金も財源とすることで
退職し年金を受け取るようになり社会保険から


国民健康保険に移ることで国民健康保険の財源が圧迫されるのを
防ぐための制度でもあるようです。


退職者医療制度は以下のような人が当てはまります。

国民健康保険に加入していて65歳未満
年金加入期間が20年を超える人
40歳以降の方は10年以上加入期間がある方



退職者医療制度などになったり国民健康保険になるかなどは
加入者にはメリットもデメリットもありません。


退職者医療制度は、ほとんど国民健康保険と同じで
自己負担割合その他給付内容や保険料などが同じといえます。


医療保険制度と介護保険制度の共通点は
市町村が保険者となることです。



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.