医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>死亡保障を解約するのは危険!

PR



カテゴリー





















死亡保障を解約するのは危険!
広告




死亡保障を解約するのは大変危険です。


理由は、一家の大黒柱である旦那さんが死亡をするとなると
収入は一気になくなり、生活に困ることになります。


医療保険しか加入していなくて
夫婦の死亡保障が無い家庭がかなり増えてきているそうです。


住宅ローンを組んで家を購入し頭金にほとんど
消えてしまっている家庭がかなり多いようですね。


一家の大黒柱である旦那さんが、交通事故などで
亡くなった場合はどうしますか?


あなた自身が働くという場合は
それで問題はありません。


しかし、人が死ぬということは
結構お金がかかりますし葬式も身内だけなら
少なくて300万円はかかるのではないでしょうか。


ほとんど人との付き合いの無いなら
葬式代もそれほど高くはなりませんが


そうでない場合は、400万円〜500万円は
かかると思っていただければいいでしょう。


こういった、最悪な状況にいたった場合に
親の援助も親類の助けも期待は出来ないのではないでしょうか。


子供がいるという場合は
かなり生活も困難になると思われます。


そこで、助けになるのは生命保険で
これ以外に、手っ取り早く生活資金を
手に入れる方法は無いといえます。


さて、死亡保障を解約する家庭が増えているのですが
よく考えないといけないのが、一家を支えている
大黒柱亡き後の生活ではないでしょうか。


死亡保障を解約される予定の人は
もう少し考え直してみてはいかがでしょうか。



広告





copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.