医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>日本の医療保険制度の問題点

PR



カテゴリー





















日本の医療保険制度の問題点
広告




日本では、医療保障は国民皆保険制度の方式を
とっているようですが、この制度のデメリットとしては
「病気にならない人」や「怪我や入院をしない人」にとっては
何のメリットもありません。


病気にならない人は、確かにどこを探しても
いないと思いますが入院するほどではない病気が
ほとんどと思います。


そういった場合に「お金をとられるだけ」と
考えてしまう人も少なくはありません。


また、高度な医療機器を病気の人に使用する場合
医療費負担が多くなってくると健康な人の善意だけでは
支えにくい感じとなるのではないでしょうか。


国民皆保険制度の利点と欠点を
説明していきたいと思います。


国民皆保険制度の利点

誰もが、必要なときに必要な医療を受けられる
誰でも平等に医療を受けられる
生活面での負担を軽減できる
保険証さえあれば、日本中どの病院でも受診できる



国民皆保険制度は、必要なときに必要な医療を
受けることが出来て、誰もが平等に医療を受けられるという
大きな利点があります。


提供されている医療サービスは地域などで
差は出てくると思いますが保険証があれば日本なら
どこでも、病院で受診を受けることが可能です。


また、医療にかかった費用などは
一部負担が求められますが月に高額な負担を
和らげるための「高額療養費制度」などもあります。


これにより、生活などの影響に負担がかからないように
比較的安く医療を受けることが出来ます


医療機関では、診療行為を点数化して
「出来高」を申請できるので患者の要望に応じた
医療を提供することが可能となっているようです。


国民皆保険制度の欠点


・過剰な投薬や診療行為につながり易く医療費のむだを生み出しやすい

・超高齢化社会を迎える中で、保険収入が増えない



保険に加入している人は、健康・不健康にかかわらず
毎月保険料を支払わないといけません。


また、高齢化などが進む現在では、保険の収入が増えず
高齢者の医療費が増えているため赤字の国民保険だけでなく
従来は黒字だった企業の健康保険にも影響がでているようです。


国民医療費の30%以上は
公費(税金)によって賄われています。


医療費を決める方法には「出来高払い」と
「定額払い」がありますが


「出来高払い」で医療費を申請できるということは
過激な診療行為や薬の投与などにもつながりやすく
医療費を無駄に生み出してしまう可能性もでてきます。



「出来高払い」とは、手術などや診察など各医療機関に
定められた費用の合計で決まる方法です・


簡単に言えば、スーパーで買い物をする場合などと
同じ計算方法をするのが「出来高払い」と言うことです。



「定額払い」というのは、病気の種類などや
状態によって一定の支払いをするという方法で
患者によって薬の使い方や検査の数が異なっていても
同じ支払いを受けることになります。


広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.