医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>医療保険は無駄な保険だという理由

PR



カテゴリー





















医療保険は無駄な保険だという理由
広告


医療保険は無駄な保険だという理由は
現在、日本の健康保険制度が充実していて
入院時の治療費など医療保険に頼る必要も無いからです。


医療費の自己負担は、約3割程度を負担で良いし
高額療養費制度という自己負担額の上限があり


健康保険が適用されるなら医療費で
家計が揺るがされることも無いといえます。


数年前までは、医療費の自己負担が3割負担ということを
知っているけど、高額療養費を知っているかたは少ないかもしれません。


資金の医療制度の技術の進歩により
積極的な治療などが出来ないとき


退院を余儀なくされたり、以前なら10日の入院が必要だった病気が
手術が1日で終わってしまうということも珍しくなくなっています。


こうした医療機関の発達を考えると
医療保険のニーズは少ないような感じがします。


しかし、多くの人は具体的な根拠は無くても
医療保険の必要性を感じているのが現状かもしれません。


各保険会社が積極的に販売している医療保険ですが
その取り巻く現状は大きく変わっているといえます。


10年前の医療保険は、最初の4日間は
保険金が支払われませんでした。


また、5日目から支払われるタイプや
10日以上の入院の1日目から支払われるという
タイプのものがほとんどでした。


こうした、支払い方法では医療などが発達している現在では
入院の短期化で保険金を受け取れるというケースが
非常に少なくなるということになりかねません。


これでは、医療保険に加入している意味がないと
感じる方もいらっしゃると思います。


各保険会社も医療保険に関しての保障内容が
どんどん新しくなっていっています。


医療保険は、どんどん新たな付加価値を持ち
進化していくことと思います。



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.