医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>定期保険料を見直し支払いを半分に抑えられる

PR



カテゴリー





















定期保険料を見直し支払いを半分に抑えられる
広告



お子様の死亡保障は必要ですが
保証をつけるとなると数千万円と
高額になるケースがほとんどです。


基本的に保険期間は子供が
独立するまでの間で良いという場合に最適です。


準備する保障は定期保険などが最適ですが
種類によっては保険料に違いが出てきます。


まず、定期保険にはどのような保険があるのか
理解しておくことも重要といえます。


定期保険には、何年までとか何歳までと
保険の期間が決まっている保険を言います。


いろんな種類があるのですが定期保険は
2種類にまとめられつつあるようです。


通常の定期保険の場合は
保険金額がほとんど変わらない保険を言います。


収入保障保険は、保険金は分割で支払われるので
受け取る総額が徐々に少なくなる保険のことを言います。


高額な死亡保障に加入する場合は
収入保障保険を利用するといいでしょう。


理由としては、保険料を抑えることが出来るという
メリットがあるからです。


収入保障保険と定期保険の支払う保険料が
どう違うのか、ある通販会社の商品を例に見てみましょう。


加入時の保険金額を同じにした場合は
定期保険が「3600万円」で約8500万円でした。


収入保障保険の場合は以下のとおりでした。


「月10万円×12か月×30年(最長)=3600万円(最高)」


収入保障保険は保険金額が減るので
その分を計算して付き額を高く設定した場合は
定期保険「3600万円」でやく8500万円


収入保障保険では以下のとおりでした。


「月14万円×12か月×30年(最長)=5040万円(最高)」



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.