医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>後期高齢者医療保険とは?

PR



カテゴリー






















後期高齢者医療保険とは?
広告




後期高齢者医療保険とは、日本国内に住む
75歳以上の後期高齢者の方たちや65〜74歳の
前期高齢者で障害のある方を対象にした保険です。


後期高齢者医療保険と言う制度は
高齢者にとって適切な医療を確保するため
医療費の適正化を推進させるための計画の作成や
国民保健の向上や高齢者の福祉の活性化を図ることを
目的としているようです。


高齢化などが進み経済的な負担などの増加に
対応するために保険に加入している対象の年齢などの
引き上げなどをおこない制度改正などがありました。


高齢者医療費が増え続ける状況で財政負担を抑えることが
この制度の主目的と言われているようです。


後期高齢者は国民健康保険などの
医療制度に入っていても老人保険制度でも
2種類の医療が受けられます。


また、国民健康保険の場合は国民健康保険を
やめると言う手続きは全く不要でこの制度に
関しては自動で移行されるようになっています。


健康保険の場合も自動で移行されるのですが
脱退手続きに関しては健康保険組合にお問い合わせください。



広告





copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.