医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>国民健康保険と社会保険の違い

PR



カテゴリー





















国民健康保険と社会保険の違い
広告



社会保険はサラリーマンの方が
雇用されている会社などで加入することになっている
健康保険と厚生年金のことです。


社会保険は、本人の意思で加入を拒否することは出来ない保険で
加入条件を満たしている人は強制的に加入する保険です。


パートで働いている方で正社員よりも
労働時間が短い方の場合は以下のような日数と
労働時間数を目安に加入できるかどうかを判断することが出来ます。


・1カ月の労働日数がおおむね4分の3以上

・1日の所定労働時間がおおむね4分の3以上 


場合によっては、これよりも時間が短い労働時間であっても
加入しないといけない場合もあります。


会社で働いている人数に関係なく
社会保険はすべての会社が適用事業となります。


しかし、個人経営で非適用業種の場合は
従業員が何人いても適用事業所とはならないようです。


非適用業種は以下のとおりです。

1. 第一次産業(農林・畜産・水産業等)
2. サービス業(飲食店・接客業・理容、美容業・旅館等)
3.法務業(法律・会計事務所等)
4. 宗教業(神社・教会等



適用事業の場合は従業員が5人以上いる場合になります。



適用している会社で働いている場合は
本人の意思とは関係なく社会保険に強制的に
加入しないといけないのです。



広告



copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.