医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>子供の医療保険は必要か?

PR



カテゴリー





















子供の医療保険は必要か?
広告



子供がいるご家庭では、多くの方が教育資金などを
積み立てていきますが、最近多くなっているのが
子供の医療保障などを考えることのようです。


そもそも、子供に医療保険が必要なのかどうか
詳しく解説していきたいと思います。


子供が生まれると教育資金をはじめ
医療保険なども考える人が急増しているようです。


しかし、中には子供に医療保障が必要なのか
疑問に感じる人も少なくはないと思います。


医療保険とは、病気や怪我などで怪我や入院などをしたり
経済的な負担を軽減させるために加入する保険です。


普通に生活する一般的なご家庭の場合を例に挙げると
夫が入院や手術などをした場合に、治療費などの
出費の増加や入院している間は収入が減少すると考えられます。


そうすると、家計にも影響がでると思います。


専業主婦の場合であっても
家事が出来なくなるといったことがおきて
食事などは外食や出前を取らないといけなくなりますよね。


夫が家事などをしないといけなくなるので
仕事をする時間にも影響が出るでしょう。


そうなると、収入の減少も考えられますし
生活面での影響も大きいと思われます。


では、子供が入院や手術を
しなくてはいけない状況の場合はどうでしょうか?


子供が入院したり手術をしたりする場合でも
確かに、出費があるのですが


子供が入院などをする場合は
「医療費助成制度」というものがあるので
夫婦双方のどちらかが入院や手術をすることになっても
支出は少なくてすむはずです。

医療費助成制度とは?

医療費助成制度とは、入院や手術などをする場合に発生する
医療費などの負担を軽減する目的で国や地方公共団体が実地している
福祉制度のことです。


この制度には「公費負担医療制度」と公費以外の
医療費助成制度の2種類に分けることが出来ます。



いずれにしても、子供が入院をしたり手術をした場合でも
夫婦はそれぞれ、仕事や家事などをすることができますが
子供の付き添いなどで夫婦が分担するとなれば生活面での影響は
限られると思います。



子供の医療保険は入っていたほうが
確かに安心は出来ると思いますが
保険料などの出費がかかります。


また、保険料はたいしたことはないと思いますが
家族全体を考えれば、子供の医療費よりも
夫婦の適切な医療保障の確保を優先にしたほうがいいと思われます。


もし、子供が入院などをした場合は
医療費助成や高額療養費制度などで
経済的な負担が少なくなります。



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.