医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>確定申告と医療費控除の基本

PR



カテゴリー





















確定申告と医療費控除の基本
広告



確定申告が2月にはいると本格化しますが
病気や怪我などで医療費を支払った人もいると思います。


医療費控除の適用を受けようという人は
その対象となるかどうかが気になるのではないでしょうか。


病気などで医療費を負担しても丘隅金を受け取っている場合は
医療費控除の計算をしないといけません。


まず、医療費控除ですが自分自身あるいは家族が
入院などで医療費を支払った時に一定の金額の所得控除を
受け取ることを言います。


所得控除なのですから
自分の所得から引くことが可能です。


また、所得が少なくなるので
税金も安くなるということです。


医療費控除の対象かどうかは
最低限次のことを満たしていないといけません。


・納税者自身あるいは納税者と生計を一にする配偶者

・その他の親族のために支払った医療費

・その年の1月1日〜12月31日までに支払った医療費


確定申告で医療費控除の適用を受ける場合は
具体的に何が医療費控除の対象になるのか
そして、対象にならないのかは色々なケースが考えられます。


治療などで負担した医療費などが医療費控除の対象になりますが
「予防」や「美容」などは対象外となります。


おおまかな表現ですがこういったイメージでいいと思います。



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.