医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>医療保険の積立と掛け捨てどっちが良い?

PR



カテゴリー





















医療保険の積立と掛け捨てどっちが良い?
広告



貯蓄性のある保険に加入している場合に
支払った保険料の一部が返金される可能性があるようです。


その内容は、以下のタイプに分かれています。


・保険の終期にある程度のお金が返ってくるタイプ

・加入した後に一定期間お金が受け取れるタイプ

・加入した後の一定期間生存している場合に支払ったお金が
保険料相当の分が返ってくるタイプ



以上のようなタイプに分かれています。


貯蓄性のある保険の場合は
掛け捨ての保険よりも保険料は高めの場合が多いです。


例えば、30歳の人が60歳まで月に保険料を
1万円ほど毎月支払っていたならトータルで360万円支払う場合
以下のような内容となります。


・70歳で解約した時に250万円の解約返戻金が戻ってくる

・35歳以降5年ごとに10万円のボーナスを受取れる

・60歳の時に360万円の還付金を受取れる


上記は、解約返金などの金額は単なる例えなので
実在する保険の金額は基にしていません。


さて、掛け捨ての保険とは保険の終期に
お金が返ってくる金額が全くなか、あってもわずかになります。


その代わり、保険料は貯蓄性のある保険よりも
少ない保険料となります。


保障内容などが死亡保険金などでも入院給付金や
手術給付金などの医療保険でもいえることでもあります。


保険は、目に見えるものではないので
少し分かりにくいかもしれません。


一番重要なのは、お金がたまるかどうかではなくて
安心できる最適な保障内容の保険ということです。



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.