医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>生活が厳しい場合の解約しても良い保険とは?

PR



カテゴリー





















生活が厳しい場合の解約しても良い保険とは?
広告



この不況の中、就職も年代を問わず
大変厳しい現在ですが、保険料を支払うことが


困難になりそうな気配になると保険の解約を
考える家庭も少なくはないでしょう。


イザ、保険を解約しようと考えた場合
どんな保険から手をつけたら良いのか本当に迷うところです。


まず、医療保険などは解約をしても
特に困ることはないはずです。


医療保険などの保険料は安いので余り期待するほどの
効果はありませんが夫婦で5000円〜1万円ほど支払っている
ご家庭は多いかもしれません。


では、どうして医療保険を解約しても良いのか
これは、費用対効果が少ないからといえます。


支払った保険料のわりに受け取る保険金が少ない
解釈してもいいという理由はただそんな理由からです。


医療保険から100万や200万円も
受け取るということはほとんどないでしょう。


多く受け取ったとしても10万円などや
手術などを行い20万〜30万円ほど
受け取ることが出来れば良い方ではないでしょうか。


生活が厳しいという条件でのお話ですが
医療保険はほとんど意味がないとは言いませんが
厳しいというなら解約も考えたほうがいいでしょう。


次に、死亡保障以外の特約ではないでしょうか。


現在はかなり減りましたが、国内生命保険の
定期保険特約付き終身保険に加入している人で
アカウント型と自由設計型の保険に加入している人。


特約では、医療、傷害・災害、三大疾病、ガンなど
これらの特約は別の保険会社でも十分同じ保険料で加入することが出来ます。


現在、生活が厳しい状況にあるというなら
死亡保障だけでもしっかり確保しておけば安心できます。


特約保険料は、安くはないので、一度証券をみて
各保険会社に電話で確認するといいでしょう。



広告





copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.