医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>医療保険とは?

PR



カテゴリー
RSS






















医療保険とは?
広告



医療保険とは、治療などで高いお金を請求されることにより
生活に困ることを避け、安定した生活を目的とした制度です。


医療保険の被保険者の自己負担の金額の限度を定めていたり
逆に保険金の支給額が増えることで保険者の生活に


負担がかかることを防ぐために被保険者の自己負担割合や
自己負担金が定められたり保障制限が制限されることが多いようです。


医療保険には「公的医療保険」と「民間医療保険」の
2種類があり、それぞれ特徴があります。

公的医療保険

公的医療保険は、職業や地域などや年齢によって
複数の制度により成り立っています。



公的医療保険を大別すると
以下の3種類になります。

職域保険
地域保険
後期高齢者医療制度



まず、職域保険と言うのは
一部の業種や自営業などの方を対象としている医療保険です



職域保険は、お勤めしている会社の
業務内容の形態により「被用者保険」と
「自営業者保険」と分けられています。


被用者保険は職業によって、さらに「一般被用者保険」と
「特定被用者保険」と分けられています。


一般被用者保険というのは、サラリーマンなどや
日雇いの雇用を対象とした健康保険のことです。


特定被用者保険は、国家公務員などを
職業にされている方を対象にした「国家公務員共済組合」や
「地方公務員共済組合」などや学校の職員が加入できる医療保険です。


自営業者保険とは、国民健康保険組合で
作成が認められている「建設業、医業、薬業」など


一部の業種の自営業の方を
対象とする国民健康保険のことです。


広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.