医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>歯の治療で医療保険は対象になるの?

PR



カテゴリー





















歯の治療で医療保険は対象になるの?
広告



医療保険の対象となる治療は大まかな感じで
理解できますが、細かい部分までは
分からない部分もあったりします。


歯の治療で医療保険は対象となるのか
おそらく「損なのは対象にならない」と思い
気になる人は少ないのではないでしょうか。


しかし、歯の治療で給付金の対象になっているなら
逆に言えば、多くの人が損をしていることになります。


とある歯科医師が言うには
以下のとおりでした。


やはりといった感じですが・・・



「一般歯科医院での歯の治療で手術給付金を受取ることは難しい」


それでも、可能性のありそうなものといえば
以下のとおりとなります。


・骨移植術

・骨髄炎

・慢性副鼻腔炎

・頭蓋骨観血手術

複骨移植術

骨移植術とは、骨をほかの部分に移植する手術で
インプラント手術の前に骨が無い特におこなう場合があるようです。


しかし、歯科医院がおこなう手術ではないようで
通常は大きな病院での口腔外科などで手術をおこなうようです。


骨髄炎

骨髄炎は、ブドウ球菌が骨の中で炎症を起こしている状態で
激しい痛みと腫れが生じます。


長期間に放置していたような虫歯などや
歯周病などから感染して顎骨髄炎を起こす場合があるようです。


顎骨髄炎をおこすと、歯科医院では歯を抜いて
病巣を取り除く手術をおこないます。

ひどい場合は、口腔外科などで
治療してもらうことになります。


慢性副鼻腔炎


頭蓋骨観血手術は、主に歯の根の病気でおこる「のう胞」や
良性・悪性での腫瘍が原因でおこなう手術を言います。


歯科医院でのう胞摘出の手術を行うこともあります。




歯の治療で医療保険の対象になるのかどうか
疑問を持った場合は各保険会社にお問い合わせするといいでしょう。



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.