医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>医療費のカバーをする医療保険

PR



カテゴリー





















医療費のカバーをする医療保険
広告




家族やあなた自身が入院したり手術をしたときにかかる
医療費はどれくらいになるか心配になりますよね。


公的な健康保険等を利用しても自己負担しないといけない
金額が発生します。


入院時の食事にも自己負担がありますし
差額ベッド代が必要となる場合もあります。


家族が病院へ行く時などの
交通費や入院準備の費用もかかります。


そんな自己負担金額をカバーするための保険が
医療保険です。


入院や手術をしたときに契約内容に
沿って入院給付金や手術給付金が支払われます。


受け取った入院給付金や手術給付金は非課税です。


注意しなければいけないのは
工学医療費控除を確定申告に利用する場合は
受け取った入院給付金や手術給付金は


実際に支払った医療費から
差し引かなくてはいけないことです。


我が家も両親や私自身も入院や手術をしたときに
入院給付金や手術給付金を受け取りとても助かりました。


自己負担金額すべて医療保険でカバーすることができました。


2〜3日の入院でしたら、自己負担金額も
それほど気になりませんが、入院期間が
1ヶ月、2ヶ月ともなると自己負担金額も
まとまった金額になりますので家計への負担が大きくなります。


高額医療費控除は、計算した結果
受け取ることは出来ませんでした。


入院や手術をすることが決まったら
予め保険会社に連絡をして請求準備をすることをお勧めします。


病院に入院手術証明書の作成依頼をしてから
書類が出来上がるまで時間がかかるからです。


退院時に病院へ依頼しておけば、次回の通院時に
書類が出来上がっていることもありますので
早く給付金を受け取れるからです。


無理のない範囲の保険料で
医療保険に入っておくと安心です。



広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.