医療保険の制度
 ┃リンク

トップに戻る>生命保険の独身男性の平均は?

PR



カテゴリー






















生命保険の独身男性の平均は?
広告



保険に入ること自体無駄だと思い
保険に入らない若者が急増しているそうです。


理由は、昔に比べて保険を勧められる機会が
明らかに少なくなっているので保険に関心を持つ人が
激減しているのではないでしょうか。


一昔前なら、個人会社の食堂などに
生命保険のセールスマンがセールスに来たものですが
最近ではそう言う行為をするセールスマンもいなくなりましたね。


まあ、入らないと断っても無理に保険の契約を
書かせようというような行き過ぎたセールスをする人も
結構いたので、そう言うセールス方法は廃止になったのかもしれません。


いきなり、無理に保険に入らせようという強引な方法をとるのは
実力のないセールスマンが多いのも事実ですが(苦笑)


しかし、保険には加入していないのも結構問題ありますが
よく考えないで2000万クラスの死亡保障などの保険に
加入している人も結構いるようです。


逆に、無駄に高い保険に加入するのも
かなり問題でもあるのです。


若い独身男性の方に考えていただきたいのは
医療保障で、若いからといって病気や怪我などは
一切しないとも言い切れません。


医療保障は単体の保険に入るほうが
結構お得な場合があります。


医療保険の保障期間は、2種類の保険があり
10年の一定の期間が到達すると更新していくという「定期型」と
死亡するまで補償が継続される「終身型」があります。


終身型の保険料は結構安いものが増えているようなので
このタイプの保険がお勧めといえます。


独身男性の場合は、余り保険料にお金を
かけたくない場合は5000円の保険でも十分ですが
できれば、1万円の保険に加入しておきたいですね。


保障の内容としては、入院と手術や先進医療などの保障があれば
万が一のことがあっても親や親類などに迷惑をかけることはないでしょう。


扶養家族のいないという場合は、数千万の保険は
入りすぎといえます。


このような状態で払い続けていると
不要な保障まで保険料を支払うことになるので
かなり無駄な出費となります。


無駄な保障にお金を払っているなら
すぐに見直してみることをお勧めします。


広告




copyright 2010 医療保険ナビ All Rights Reserved.